CLOSE

☆6月30日は夏越の祓え(なごしのはらえ)(夏越祭)☆

☆6月30日は夏越の祓え(なごしのはらえ)(夏越祭)です☆

 1月から半年の厄を祓う、日本最古の宗教行事です。

 半年間のうちについた罪や穢れ(けがれ)を祓うため6月30日に行なわれ、残り半年を無事に過ごせるようにとする行事です。

 宮中では、冬の間に氷室に保存しておいた氷を切り出して、口にして暑気を払う行事が行なわれたことが由来。

 それを民間では、三角形のういろうを氷室の氷に見立て、厄除けのお祓いをしました。

 上に乗っている小豆は無病息災のおまじない、悪魔祓いの意味を表しています。

 この日は是非、大力の“みなづき”をどうぞ。

 御菓子司 大力 
水無月111

☆6月18日は父の日です☆

毎日家族のために頑張ってくれているお父さん。
感謝しているのに照れくさくて「ありがとう」の一言が言えない・・・。
そんなあなたも、今年の父の日には“和菓子”をプレゼントしてみてはいかがですか。
甘党のお父さんも、メタボが気になるお父さんも、和菓子なら大丈夫。
「お父さん、これからも元気でいてね」「いつもありがとう」という気持ちを込めて・・・。
御菓子司 大力
titinohi211.jpg

☆6月16日は和菓子の日☆

 ☆6月16日は和菓子の日☆ 
 それは承和15年(848年)のことです。国内に疫病が蔓延したことから、仁明天皇が6月16日に菓子や餅を神前に備え疫病の退散を祈願して、元号を「嘉祥(かじょう)」と改めたことにはじまると伝えられてます。
 「嘉祥の祝」は後醍醐天皇の御代から室町時代へと受け継がれてきましたが、江戸時代になると「健康と招福」を願う行事として、この日に嘉定通宝16枚で菓子を求めて食べる風習が庶民の間にも広がり「嘉定喰(嘉祥ともいう)」といわれ、欠かせない年中行事となりました。その「嘉祥の祝」を現代によみがえらせたのが「和菓子の日」です。
 「和菓子の日」には、健康と招福を願って和菓子をお召し上がりいただくとともに、大切な方や親しい方々の健康を祈って和菓子を贈りましょう。
 御菓子司 大力
わがしのひ2012

☆茶の菓☆

 ☆茶の菓☆
 新緑が美しい季節ですね。 この時季は、新茶のシーズンでもあります。
そこで、お茶や抹茶を原料に使った“茶の菓”を集めてみました。
ここで載っているもの以外も多数ありますので、ぜひお立ち寄りください。

御菓子司 大力
茶の菓1bb

☆5月5日は端午の節句(こどもの日)☆

☆5月5日は端午の節句(こどもの日)です☆
 初節句の際には里方や親戚等から人形やこいのぼりなどを贈り、返礼として“ちまき”や“かしわ餅”を贈る習わしが広く行われています。
 かしわ餅の葉は、新芽が育つまで古い葉が落ちない縁起から、子孫繁栄を願ったといわれています。 また、ちまきに使う笹の葉には防腐と香りづけの効果があります。
 祝膳のお土産や普段のおやつにもぜひご利用ください。ご予約もお待ちしております。

 ◎かしわ餅(こしあん、つぶあん) 1ヶ ¥120 
 ◎ちまき 1本 ¥200、 5本束 ¥1000
 
御菓子司 大力
端午の節句1

イベント情報

イベント情報

検索フォーム

検索フォーム

facebookタイムライン

twitterタイムライン

サイドバナー

  • SUN★チャゴが行く
  • サンメイツわくわくカード
  • 大東市一大歴史絵巻プロジェクションマッピング
  • サイエンスカフェ
  • イズミヤ
  • 大東市商業連合会
  • 大東市
  • 大東市商工会議所
  • 号外NET

定休日

定休日
営業時間:10:00~20:00

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
QR

メールフォーム

お問い合わせ

ページトップ