CLOSE

☆11月7日(立冬)はあられ・せんべいの日☆

11月7日(立冬)は『あられ・せんべいの日』
全国米菓工業組合では、11月の「立冬の日」を「あられ、おせんべいの日」と定めました。
 新米で作られた美味しい「あられ、おせんべい」を、コタツに入り家族団らんを楽しんで頂きたいという気持ちから「立冬の日」を選びました。
 もともと、消化・吸収が良く、硬いあられやおせんべいを噛むことは体に良いことです。
ぜひこの機会に、当店のあられやおせんべいをご利用ください。
御菓子司 大力
araresenbei.jpg

☆文化祭のお茶菓子☆

 いつもお世話になっている、ある高校の茶道部の方から、文化祭の時に使うお茶菓子の依頼を受け、こしらえました。 いつもありがとうございます。
テーマは『源氏物語』です。 
・おぼろ月(上用製:左上) ・蹴まり(練りきり製:右上) 
・明石の君(ようかん巻:左下) ・くちなし(下真ん中:小倉) ・紫式部(練りきり製:右下)
御菓子司 大力

桐蔭文化祭2017③

☆七五三☆

 ☆七五三☆
子供の成長を祝って男児は三歳と五歳、女児は三歳と七歳の十一月十五日に氏神様にお参りする行事です。
男女とも三歳で髪を伸ばし始めるので「髪置きの祝い」
男児は五歳で初めて袴を身に着けるため「袴着の祝い」
女児は七歳で着物の付紐を取り除いて帯を結ぶようになる「帯解きの祝い」を行いました。
「七歳までは神の子」という諺があるように、社会的に人格が認められるお祝いの時でもあります。
これが現在の七五三となり、子供のの健やかな成長を願い、晴れ着を着せてお宮参りをする風習に変わりました。
七五三のお祝いや内祝には当店の赤飯や紅白まんじゅうで。
御菓子司 大力

sekihann.jpg

☆11月1日(水)は十三夜です☆

 ☆11月1日(水)は十三夜です☆ 

 旧暦の8月15日を中秋の名月(十五夜)というのに対し、旧暦の9月13日は十三夜になります。

 今年は11月1日(水)がそれになります。

 中秋の名月は、中国で行なわれていた行事ですが、十三夜の月見は日本独特の風習だそうです。 

 一般に十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をするものともされていました。 これは十五夜だけでは、「片月見」といって嫌われていたからです。
 十五夜はサトイモなどを供えることが多いため「芋名月」と呼ばれていますが、十三夜は「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれています。  中秋の名月の後なので、「後の月」と言われたり、「小麦の名月」と呼ぶ地方もあります。 これは旧暦九月十三日の晩のお天気で、翌年の小麦の豊作、凶作を占う習慣から来ています。
 当店でも、中秋の名月(十五夜)から引き続き、『十五夜って終わったよね~?』とか『まだ売ってんねんや~』のお客様の声にも負けず(笑)、十三夜まで毎日元気に販売中です。 

 秋の夜長に是非どうぞ。

 ◎お月見団子 1ヶ ¥120

 御菓子司 大力 
tukimi1.jpg

☆あえもち/秋祭り☆

 秋祭りの季節ですね。

 大東サンメイツのある地域の氏神様である三箇菅原神社でも秋祭りが行なわれます。

 それに伴い、地域のだんじりも出ます。

 当店でも、この時季限定の“あえもち”好評販売中です。

 やわらかいお餅を、あっさりとしたこしあんであえたものです。

 ◎あえもち 1パック(5ヶ入り)¥390

 御菓子司 大力 
あえ餅001

イベント情報

イベント情報

検索フォーム

検索フォーム

facebookタイムライン

twitterタイムライン

サイドバナー

  • SUN★チャゴが行く
  • サンメイツわくわくカード
  • 大東市一大歴史絵巻プロジェクションマッピング
  • サイエンスカフェ
  • イズミヤ
  • 大東市商業連合会
  • 大東市
  • 大東市商工会議所
  • 号外NET

定休日

定休日
営業時間:10:00~20:00

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
QR

メールフォーム

お問い合わせ

ページトップ