CLOSE

☆祈願厄除けまんじゅう☆

 ◎祈願 厄除まんじゅう◎

 昔も今も厄除招福を願うのは人の常。

 世の中が変わっても、人の心は変わりません。

 一般に厄年といわれるのは、数え年で男性25歳、42歳、61女性19歳、33歳、61ですが、特に男性42歳と女性33歳は大厄とされ、前後3年間を慎む人が多いです。

 そのため昔から厄年にあたる方は、厄除けまんじゅうや、ぜんざいを振舞って厄除祈願をする風習が続いてきました。

そこで厄除・招福祈願に、近隣やお知り合いへの振る舞いや神仏へのお供えに精々ご利用ください。 (大阪府生菓子協同組合 文章抜粋)

 ◎1ヶ ¥200

 ◎2ヶ入(化粧箱入り) ¥450 2月3日(節分)まで (予約のみの商品です。お早めにお願いします。)

 御菓子司 大力 大東サンメイツ

☆鏡開き☆

 ☆11日は鏡開きの日です☆

 神様にお供えした鏡餅を、お下がりとしていただく儀式が広まったもので、今年一年の健康や幸せを願って、家族みんなでお餅を食べましょう。

 そもそも、その年の年神さまに供えた鏡餅を小さく割り、お汁粉などにして食べる行事。 元々は武家社会の行事で、具足開き(鎧や兜に供えた餅を雑煮などにして食べた)といいました。 そのため、鏡餅は刃物で切ると切腹のようだと手や木槌で割り、開くようになったことから、鏡割りでなく、鏡開きという。のだそうです。

第8回サンメイツ・サイエンスカフェ


第8回サンメイツ・サイエンスカフェ

『大東の民俗文化遺産 ミズグルマ(水車)を知る』

 

話題提供:溝辺 悠介さん(大東市歴史民俗資料館)

日時:2016年2月13日(土) 14時~16時

場所1階フリースペース109

参加無料・予約不要

後援:大東市 大東市教育委員会 大東商工会議所


 今回は。。。。。

 都市化が進む前、寝屋川流域は水田地帯でした。水田では水を引き入れるために、大きなミズグルマ(水車)が作られ、この地域の風景となっていました。

 大東の民俗文化遺産、ミズグルマが実際にどのように活躍していたのかを、大東市立歴史民俗資料館の溝辺悠介さんに解説していただきます。 



”サイエンス カフェ”とは、

話題提供者の方が、ある一つのテーマを発表し

参加者の方々とフリートークで

楽しいひと時を過ごす場です。

どしどしご参加ください。

イベント情報

イベント情報

検索フォーム

検索フォーム

facebookタイムライン

twitterタイムライン

サイドバナー

  • SUN★チャゴが行く
  • サンメイツわくわくカード
  • 大東市一大歴史絵巻プロジェクションマッピング
  • サイエンスカフェ
  • イズミヤ
  • 大東市商業連合会
  • 大東市
  • 大東市商工会議所
  • 号外NET

定休日

定休日
営業時間:10:00~20:00

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
QR

メールフォーム

お問い合わせ

ページトップ